認知療法・認知行動療法で「こころの健康」を支援する

CBTストレスカウンセラー

CBTストレスカウンセラーとは?

CBTストレスカウンセラーCBTストレスカウンセラー研修とは、認知行動療法(CBT)の基本を学び、職域、医療、地域、教育場面当の各領域で、こころの健康を支援するスキルを育てる目的で作られたものです。職域ではさらに、ストレスチェック制度の導入に際して、産業医や専門医、保健管理スタッフ、企業担当者と連携しながら、社員の精神的健康を守りながら、生き生きと仕事ができるように支援していきます。
※本資格は、医療場面での認知行動療法セラピストの資格を認定するものではなく、職域、地域、医療、学校等でのこころの健康を支援する基本的スキルを学習したことを示すものです。

CBTストレスカウンセラー育成への思い

大野裕うつ病などストレスに起因するメンタルヘルス不調が社会問題化する中、認知行動療法に対する関心が高まっています。それに伴って認知行動療法を研修できる機会が増えてきていますが、単発の研修が多く、継続的に勉強する機会が限られていました。
そこで、ストレスマネジメントネットワークでは、ストレスを体験している人の支援業務に役立つ認知行動療法的アプローチの基礎を学習し、それを継続的に学習できる研修プログラムを提供することにしました。多くの方に参加していただき、こころの健康支援のスキル向上に役立てていただけるよう、願っています。

精神科医 大野裕

CBTストレスカウンセラーが必要とされる場面

職域で

・ストレスチェックで高ストレスと診断された方への面談(産業医の場合)、もしくは産業医の指導下での補助面接(募集等の関連情報を提供します)
・ストレスチェック後のメンタルヘルス相談
・社員に対するこころの健康教育および研修

医療現場で

・精神医療をはじめとする様々な医療場面での患者さんへの相談業務とこころの健康を高める支援
・患者さんに対するこころの健康教育研修

地域で

・地域住民への相談業務とこころの健康を高める支援
・地域住民に対するこころの健康教育研修

PAGETOP
Copyright © ストレスマネジメントネットワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.